スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台所で土の素を熟成させる

2010年2月14日001
2010年2月14日撮影

コーヒーの出しガラとみかんの皮です。

乾燥させてコンテナの土にパラパラと撒きます。

2010年2月14日002
2010年2月14日撮影

野菜くずとキノコのいしづき等を入れてカビが生えてくるのを待ちます。

鳥の骨も入れてしまいます。

後日コンテナに追加して発酵のお手伝いをしていただきます。
スポンサーサイト

テーマ : ベランダ菜園&プランター菜園
ジャンル : 趣味・実用

キープ オン ムーヴィン

イチゴの土を研究しようと考えています。

まず第一弾として「次郎さん」と「三郎さん」の追肥を実施しました。(花芽が出ていない株のみを対象)

先に追肥用の土を用意します。

配分比として

腐葉土50%:古い土40%:米ぬか緑肥5%:蕎麦の実3%:有機石灰2%

以上をよくかき混ぜて8号鉢に三分目程度入れます。(鉢底石は不要です。根張りを優先するためです。)

2010年1月30日001
2010年1月30日撮影

ポイントは追肥なのに「植え替え」をする事です。

あくまでも実験の域です。これが正解というわけではありません。

2010年1月30日004
2010年1月30日撮影

クラウンの高さを鉢の高さより少し越える程度に植えます。

「四郎さん」と比べると明らかに土の高さが違います。

さてこれが吉となりますかは後日の記事にご期待ください。



タイトル引用:SoulⅡSoul / Keep On Movin'

テーマ : ベランダ菜園&プランター菜園
ジャンル : 趣味・実用

新たな年に向けて

2009年12月28日010
2009年12月28日011
2009年12月28日撮影

野菜栽培用土の再生工場全貌です。

プランターでの野菜栽培は堆肥が非常に重要であると実感しています。

これからも他の成功例を参考にし、自分なりの手法を確立したいです。

パクリはしますが尊敬の意を表し、正直にパクリましたと記載いたします。

そしてデカくて甘いイチゴと太いアスパラガス、トウモロコシを来年も美味しく食べたいです。

それでは皆様良いお年をお迎えください。

テーマ : ベランダ菜園&プランター菜園
ジャンル : 趣味・実用

緑肥の最終準備完了

2009年12月20日001
2009年12月20日002
2009年12月20日撮影

とうもろこし緑肥もいよいよ最終刈り取りいたしました。

古土に混ぜて来春まで熟成を待ちます。

テーマ : ベランダ菜園&プランター菜園
ジャンル : 趣味・実用

トウモロコシ収穫後プランター

2009年11月8日001
2009年11月8日撮影

土を取り除いたプランターです。
底板をひっくり返すと・・・
2009年11月8日002
2009年11月8日撮影

こんなでした。
前回よりも根張りが弱かったようです。

古い土を取り出すために「ふるい」にかけます。
2009年11月8日003
2009年11月8日撮影

これまたパクリです。
100円ショップにて購入しました。
根がうまく取れるためとてもいいです。
やはりパクリ元はこちらです。

Hanna-papaの菜園日記

2009年11月8日004
2009年11月8日撮影

きれいに分別されました。

良い土になってほしいものです。

2009年11月8日008
2009年11月8日撮影

先日のトウモロコシ緑肥を混ぜました。

テーマ : ベランダ菜園&プランター菜園
ジャンル : 趣味・実用

とうもろこし緑肥

2009年10月27日002
2009年10月27日撮影

おいしいトウモロコシを食べると「皮」と「葉」が残ります。

無駄に捨てずに有効利用しましょう。
細かく刻んで「緑肥」に使います。
一晩乾燥させて・・・
2009年10月28日001
2009年10月28日撮影

ハサミで細かく刻んでいきます。
2009年10月28日002
2009年10月28日撮影

こんなんなりました。
2009年10月28日003
2009年10月28日撮影

もちろん手作業です。
この方法は参考になさらない方が良いでしょう。
メチャ疲れます。

テーマ : ベランダ菜園&プランター菜園
ジャンル : 趣味・実用

肥料って奥深いですね。

2009年9月4日002
2009年9月4日撮影

この写真で何を使用しているのか理解できたらかなりの「ご近所」かもしれません。

鉢で定植する場合にはこの方法を用います。

古い土を薄く盛り、その上にこの肥料をまた薄く盛ります。
何層にも繰り返してミルフィーユ状にします。
切り返し不要です。
あえて断言します。

・・・育てる品種にもよりますので100%信頼はしないでください。

こんな元肥では酸性が強くなるためアルカリ性質を加え中性化も必要です。
どうしたら?

そんな時にはBBQをしましょう。
友人を呼び集めて酒を浴び、肉を喰らいましょう。

炭焼の燃えカスがアルカリ成分になるわけです。
2009年8月6日002
2009年8月6日撮影
2009年9月4日003
2009年9月4日撮影

塩分が残りますが今のところ表立った被害はございません。
まんべんなくまきましょう。(様子を見ながら)

ところで上記写真の肥料は何か?
気になりますか?
ネットではあまり情報が無いはずです。

ヒントの写真はこれです。
2009年9月4日004

米ぬかでもないし油粕でもない。
都市部ならではの肥料と言っても過言ではありません。
いや農村でも手に入りますが「テイスト」が違うでしょう。

もしおわかりになったならば「拍手」ボタンからコメントをお願いします。

テーマ : ベランダ菜園&プランター菜園
ジャンル : 趣味・実用

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。よろしければ下のバナーをクリックしてください。様々なブログを探す事もできます。
にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。